無題

 

 

26日は命日なので、

彼家族と朝、

お寺さんにいる弟くんに会いに行きました。

 

"なんでお前がそこにいるんだよー、

お前じゃなくておれがその場にいたかったんだよー"

だなんて私、

弟くんにやきもちやかれてないかな…

と思いながらせめて私にできることは

とにかくお経をよむこと。

 

彼ぱぱよむのめっちゃ早くて

ついていくの大変だった…

 

 

 

それからいったんご両親とはばいばいして

カラオケ行って3時間くらい

熱唱!!!!

 

思い出の曲もそうじゃない曲も。

 

あー、なんとなくスッキリ〜〜★

 

 

最後は

 

いきものがかりの"ありがとう"

back numberの"高嶺の花子さん"

 

で締めたけど、

"ありがとう"はお葬式でずっと流れてた曲で

若干トラウマ…

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあとは晩御飯まで

しばらくお互いの実家へ。

私はカラオケ疲れのため爆睡。

そして19時にまた集合。

実家が徒歩圏内ってほんと便利。

 

 

 

 

 

弟くんの元カノや友達と一緒にごはん。

私も弟くんの話がいっぱい聴けてよかった。

 

 

 

それにしてもあれだな、

皆が弟くんを忘れないために、

まだまだ知らない学生時代の顔を知るために、

ぜひ来てほしい

って想いがあってのことなんだろうけど、

 

こうして何度でもウェルカムに

お家に招き入れておもてなしして、

笑って泣いて気遣ってお話できる

この家族はほんとに素敵だな、とも思う。

 

 

 

 

 

 

 

彼ままは、

本来なら幸せな日々を過ごせたはずなのに

大変な思いをさせてしまってごめんなさいね

って私に言ってくれるけど、

 

 

 

 

 

私は幸せです。

 

ちょっと前までは

"私は幸せ"

だなんて言いづらいところがあったけど、

最近はもう、はっきりそう思うようにしてる。

 

そりゃあ、

弟くんがいる今日がきてくれることが、

そりゃあ、幸せなことと思う。

それに比べて弟くんのいない今日は、

そりゃあ、かなしい。

そりゃもう、比べものにならない。

 

 

 

この先、

百点満点の幸せなんてこないんだろうな、

って思ったりもする。

 

 

 

どれだけ嬉しいこと、楽しいことがあっても、いつも何か欠けてる。

 

 

 

 

 

でもそうすると、

幸せって何?!って思うようになって

 

私はもちろん、

彼や彼の家族もこの先

一向に幸せなんて感じれないじゃん

って思うのよね。

 

 

 

 

けどきっと、

百点満点の幸せなんて、

この世に存在しないよね。

 

そうは言ってみても、やっぱり、

じゃあ、幸せって何?の

こたえは見つからずまま

ここしばらくはいて…

 

 

 

 

 

あるとき彼ぱぱが、

老子孔子だったかな?の本を見せてくれた。

彼も弟くんも、その本から字をとって名づけをしたらしい。

 

ちょっと興味本位で調べてみたら、

"足るを知る"ということばに出会った。

 

 

 

よく見ることばで、

いろんな人のいろんな解釈があるわけなんだけど、

"身の程をわきまえよ"

"欲張らずにほどほどのところで満足せよ"

"不満ばっかり言わず今に感謝しなさい"

って感じらしいんだけど、

 

私がこのときすっとのみこんだのは、

 

これ"で"いい、ではなく

これ"が"いい、と思える生き方をせよ。

 

 

という部分。

 

誤解されないように一応書いとくけど、

決して、弟くんがいないこの生活がいい

というわけではないし、

 

弟くんがいてくれれば…

ってこの先思うことは

別に贅沢でもなんでもない、

ごく自然なこと、

 

 

 

そういうんじゃなくて、なんというか、

本質。

 

私は別に、

好きな人と平穏な毎日が過ごしたくて彼と一緒にいるんじゃない。

 

 

"彼でいい"じゃなくて

"彼がいい"と思ったから一緒にいるし、

 

 

 

"平穏な日々を暮らしたいけど

仕方なく彼家族と付き合ってる"んじゃなくて、

 

今の私は間違いなく"そうしたい"と望んでる。

 

 

 

本質。

これさえ揺らがなければ、

どんな境遇にあえど、

不幸ではない、

私にとって立派に価値がある日々だと思える。

100点満点であることが価値なんかじゃない。

 

 

 

そして、弟くんのことがあったからこそ、

今をこんなにもありがたく思うことができている。

 

 

 

 

 

 

 

昔の人は、

"愛しい"とかいて"かなしい"とよんだ。

愛があるからこそ悲しさはあって、

 

悲しさ=不幸じゃない。

 

 

 

 

そう私は解釈してみた。

 

 

 

あー、やばい

頭の中がまとまらない。笑

私はどこに向かっていくのだろう…笑

 

 

 

もう一日休みもらえてよかったーーー。

まだしばらくどっぷり漬かろーーー。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする