無題

 

 

去年のちょうど今から

彼の地獄の一週間が始まったんだった…

 

ただただ

弟くんの帰りを待って

一人残され

仕事に行くしかない

営業先には笑顔振りまいて

普通にしなきゃいけない

そんな彼は

出張行ってるから

そばにいてくれる人もいない

 

どんな気持ちで

過ごした一週間だったか

 

 

計り知れない

 

 

 

 

そんなときだって

"ごめんな、あやちゃんはあやちゃんで辛いやろ。立場的に難しいよな。"

なんて言ってくれちゃう彼。

ほんとすごい人、って思うのよね。

 

 

見返りを求めない純粋な優しさと愛情と、

感情にとらわれず物事の本質を捉えられる力、

 

ほんと彼の最大の魅力というかなんというか、

 

大きなひとです。

 

 

 

 

この一周忌の数日も、決して

私をひとりにしなかった。

ありがとう。