読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

 

会ってギュッてして、

辛いね悲しいね悔しいねって、

いっぱい泣いていいよって、

いつも一緒にいてあげるからねって、

そんなこと言ってあげられたら、

 

そりゃあ、どれだけ"私にとって"いいか。

 

 

けど、

 

会って話したことないから、

悲しみや思い出を共有できる立場ではないし

全てをわかってあげることもできないって、


分かっているつもり。。

 

 

こんなときは、

 

同じ思い出を共有している家族や友人が

きっと支えになってくれること、

心のやり場になってくれること、

 

そして私はその立場にはなれないことも、

 

分かっているつもり。。

 

 

 

私のそばを選ばなくていいから、

今すぐ元気になろうとしなくていいから、

まだまだ前向きでなくていいから、

今だけでも自分勝手になっていいから、

 

どうかどうか、

自分の気持ちを大事にしてあげてほしい。。

 

 

 

少しでも、少しでも、

何か力になれるなら、

そのときは何でもするから。

 

 

 

 

 

そんな私の気持ち、

そりゃあ

ご家族さんがご存知なわけないのです。

 

 

しかしこれは堪えた。。。。 

 

 

やっぱり、他人なんだと。

そんな私の存在が危険だと

思ったのでしょうか。

 

 

 

相手は何も悪くないのだけれど、

彼を思って思っての言葉なんだろうけど、

 

こんなに思ってくれる

ご両親が彼のそばにいてくれること

どれだけ心強いかとも思うけど、

 

 

 

もう、どうしようもなく、

私の心は砕けてしまった。。

 

 

 

 こんなに堪えるとは思ってなかった。

私が傷ついてる場合じゃないのに。