読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日は、お日柄もよく

日常のこと

f:id:tos_aya:20161115032533j:image

 

 

彼の先輩から彼へ、

彼から私へ、おすすめしてくれた本。

ありがたい。

原田マハさんの本、おもしろかったよ(^^)

政治部分は読むの疲れたけど(^^)

 

 

"ほんとうに弱っている人には、誰かがただそばにいて抱きしめるだけで、幾千の言葉の代わりになる。そして、ほんとうに歩き出そうとしている人には、誰かにかけてもらった言葉が何よりの励みになるんだな。"

 

ほんとに

どれだけ救われることか。

 

伝えることで生まれる「つながり」、

ことばの力と可能性。

けど、あえて伝えないことで、

さらに強まる「絆」がある。

どんな風に伝える、伝えない、

使い分けは難しいけど、これって今までの人生で培ってきたセンスかも。

 

ふと思い出すのが、若くして亡くなった女性の患者さん…の一人娘のAちゃん。覚えてない頃に父親も亡くしていて、祖父母も頼りにできなくて…そんなAちゃんを最後抱きしめてあげたかった、けどできなかった、そんな後悔。

 

"困難に向かい合ったとき、もうだめだ、と思ったとき、想像してみるといい。三時間後の君、涙がとまっている。二十四時間後の君、涙は乾いている。二日後の君、顔を上げている。三日後の君、歩き出している。"

 

ちなみにこのことばをもらうタイミングも、絶賛落ち込み中の時にはまだ聞きたくないかも。「そんなことより今やねん、今悲しいねん!いいから抱きしめて!」って私ならなる。Aちゃんは今ごろ笑顔で歩き出せてたらいいな。

 

しかしまあ元気がでる本でした(^^)同世代の登場人物のお話なのでよけいかな。

 

あー、この本友人スピーチする前に読んどけばよかった。スピーチの極意もたくさん書かれてるんだよ。

 

絶対泣くなって書いてあるもん。