読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界はゆるやかに構成されている

f:id:tos_aya:20160806000702j:image
 
「生命は」  吉野弘
 
生命は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする
生命はすべて
そのなかに欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ
世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?
花が咲いている
すぐ近くまで
虻の姿をした他者が
光をまとって飛んできている
私も あるとき
誰かのための虻だったろう
あなたも あるとき
私のための風だったかもしれない
 
 
 
  
 
不完全が当たり前の世界。
お互い様の世界。
好きも嫌いも自由な世界。
みーんな足してはじめて1になる世界。
この世界、もともとはこんなにゆるやかに、シンプルに、構成されているのかも?
 
 
誰かの欠如を満たさなければいけない義務もなければ、
かといって一人では何も完結できることがない。
それならば、気に入った相手とただ一緒にいればいいのかもしれない。
心地よいと思う場所で、ものや音に囲まれていればいいのかもしれない。
それだけで自然と何かに満たされ、自分は誰かの風になっているのかもしれない。
 
 
なんてね〜。なんだか気持ちが窮屈なとき、こんな風に考えられたら楽になるかな。「これでいいのだ。」バカボンのパパ精神で、実はバチなんか当たらないんだなあ。