夕焼けも見ないで

f:id:tos_aya:20160803004915j:image

 

「夕焼け」 吉野弘

 


いつものことだが
電車は満員だった。

そして

いつものことだが

若者と娘が腰をおろし

としよりが立っていた。

うつむいていた娘が立って

としよりに席をゆずった。

そそくさととしよりが坐った。

礼も言わずにとしよりは次の駅で降りた。

娘は坐った。

別のとしよりが娘の前に

横あいから押されてきた。

娘はうつむいた。

しかし

又立って

席を

そのとしよりにゆずった。

としよりは次の駅で礼を言って降りた。

娘は坐った。

二度あることは と言う通り

別のとしよりが娘の前に

押し出された。

可哀想に。

娘はうつむいて

そして今度は席を立たなかった。

次の駅も

次の駅も

下唇をギュッと噛んで

身体をこわばらせて---。

僕は電車を降りた。

固くなってうつむいて

娘はどこまで行ったろう。

やさしい心の持主は

いつでもどこでも

われにもあらず受難者となる。

何故って

やさしい心の持主は

他人のつらさを自分のつらさのように

感じるから。

やさしい心に責められながら

娘はどこまでゆけるだろう。

下唇を噛んで

つらい気持ちで

美しい夕焼けも見ないで。
 

 

 

うむ。穏やかな。

だけど胸がなんだか、きゅーんと切ない。

 

 切ない一方で、この女の子はきっと、いつかもっと綺麗な夕焼けを見れるに違いない、そんな安心感もあり。

 

そしてそしてこんな風に、こころの揺れをどこかでそっと見つけてくれる人と、またいつか出会えたら。さらによいね。