読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康で風にふかれながら

f:id:tos_aya:20160717001854j:image
 
祝婚歌」  吉野弘
 
二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと
気付いているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで
疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったりゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で風にふかれながら
生きているなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい
 
 
同期の仲間の結婚式で、主任さんがスピーチで二人に贈っていた詩。
 
主任さんが強調した部分は
 
"立派すぎないほうがいい"
 
とかそのへんだったけど、
 
 
私がはっと気付かされたのは
 
"正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい"
 
このところだったかな。
 
正しいことって何だろう。
正しいこと、これにとらわれて
何度傷つけ傷ついたことだろう。
今思い出すだけでも
胸が傷む。
 
正しさって武器になるんだな。

間違っている方は

決して勝てないんだもん。
 
なりたくないなあ、
そんな関係には。
大切なひととは、
正しいこと、
それが一番重要ではない、きっと。
 
思い合ってさえいれば、
それがうまくいかなくって
すれ違ったって
それは間違いではなく
ただの失敗。

 

話し合って、許し合って、

またやり直して、

お互い成長ができれば、それは素敵。
 


腹がたつってのは、
相手が間違っているからではなく、
自分の思う通りにいっていないから。
そう、気づいていたほうがいいかもね。
 
 
反省の日々ですよ。
 
 
"健康で風にふかれながら
生きているなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい"
 
めっちゃいいー。