無題

 

 

お盆が済んで、

 

 

彼ママも、彼も、

そしてなぜか私も、

 

 

なんだろう、

この強烈な脱力感。。

仕事したくなーい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お盆。

 

故人があの世から

かえってくるといわれてる期間。

 

 

 

 

私たちも

10日に迎い入れて

15日に送り出した。

 

この6日間は、

本当に不思議な感覚がした日々だった。

 

 

 

 

 

 

迎い入れた10日は、

提灯をじっと見つめて、

あれ、揺れたかな?

かえってきた合図かな?

ただのすきま風かな?

あのお座布団にもう座っとったりしてな。

友だち多いしまずは友だちのところ行ってるんじゃない?

 

なんて話す。

 

 

 

 

 

 

 

けど、何をどうしたって

 

本当にかえってきた

そんな実感なんて一つも湧かないし、

寂しさが癒されるわけでもないんだな、

これが。

 

 

 

 

それでも

 

 

 

帰ってきてるのかもしれない

 

 

 

それなら

 

 

 

 

迎い入れたい、信じたい

 

 

 

 

 

 

 

そう切に思うのであって

 

 

 

 

 

心あてに

見えないものを信じようとするって

結構なエネルギーを要するのかも。

 

 

 

 

 

だから普段とはちょっとだけ

違う日々だった、

 

 

そんな感覚。

 

 

 

私がそんな感覚なんだから

彼と彼ママなんて。。

 

これからしばらくは

ちょっと心配だな。

 

 

 

 

また一年後ね

って送りだす瞬間は

寂しかった。

 

 

 

 

 

かえってきてたんだろうか。

もちろん、

かえってきてくれてたんだよね。

 

 

無題

 

 

初盆。

 

 

 

きっと帰ってきてくれている、

そう思えた。

 

 

 

お仏壇まわりはいつでも明るく

常にお花と果物とお野菜がたんと置かれて

毎朝できたてのご飯とおかずを用意して

迷わず帰ってこれるように迎火を焚いて

今日は大好物の豚の角煮!!

 

 

 

母の愛が、もう………

 

 

 

こんなに優しくて美味しい煮物をいただいたことない。

 

食べたとたん涙が出た。

 

 

 

帰ってきてないはずがない。

なんだか会えた気がした。

 

そりゃあ

陳腐なセリフに聞こえるかもだけど

本当に。

 

美しいひと

f:id:tos_aya:20170615225824j:image

 

 

 プライスレス

 

いつまでも心に残る1日だったと思う。

 

おめでとう。

 

 

無題

 

 

百が日まで済んだ。

 

写真を

待ち受けにしてたり、

家に飾ったりしてるから、

毎日思い出すけれど、

 

ふと忘れる瞬間は多くなった。

 

あのときの、

全身砕けるかと思うくらいの、

もう一生心から笑えないんじゃないかと思うくらいの、

胸の痛みは、

まだ若干覚えているけれど、

 

楽しいと素直に思える時間も多くなった。

 

彼もご家族も、

少しはそんな瞬間、時間が増えたらしい。

 

もうあとは、過ぎていく時間に頼るしかない。

 

新婚という

本来なら幸せ絶頂の時期でもあるんだろけれど、

 

もっともっと早く、

時間が過ぎ去ってくれないかな

彼やご家族の傷を癒してくれないかな

と思ってしまう自分がいる。

 

けど、そうはいかないので

ちょっと慎重になってしまう日々。

 

ふとした瞬間に、

あー今配慮が足りなかったかも

あー今もうちょっとこう言ってあげてたら

と失敗や後悔をしたり

 

ふとした瞬間に、

彼が思い出しているその隣で、

じっと黙って待ってみたり

 

お互い風邪ひいたときは

過剰に心配し合ったり。

 

 

 

 

彼と出会って

彼が一緒なら
どんな困難も辛いことも乗り越えられる
なんて自信があったけど、

やっぱり辛いものは辛いんだなって思った。

へこたれそうにも、なる。

けど、選択肢は結局ひとつ、

向き合うしかない。

 

むしろ、こうして、

そばにいること、向き合うことが当たり前だと言える日々を過ごせていることの、なんて尊いことか。

 

 

 

入籍日はまさかのケンカしてだったけど、

その後の平日に婚姻届受理証明書を受け取りに行って、帰ってそれを眺めているとき、なぜか一人で涙が止まらなかった。

 

 

あー、家族になったんだ。

私を奥さんにしてくれてありがとう。

 

 

 

 

こんなことがあったからこそ、

いろんな大事なことに気づかせてもらっているのかもしれない。


なんて彼やご家族には言えないけど。

 

 

人を想う気持ちって尊くて美しい。

けど、どこか切なくてかなしい。。。

 

 

楽しめてるうちは。

 f:id:tos_aya:20170425151918j:image

 

あ、今日は天気がいい!

と思って飛び上がって

野球部の朝練の声聞きながら

布団干してゴミ出して

洗濯して洗い物して掃除機かけて

またまた干して

お風呂とトイレと水回りの掃除して

あ、まだこんな時間か

って気付いた時の

達成感。

 

 

 

気持ちよすぎる!快感!

 

 

 

あとは、お布団が気持ちよさそうに干されてるの見ながらテレビもつけないで無心にアイロン三昧!!

 

終わったら次勤務からのお弁当のため

作り置きおかず作成!!

 

 

 

 

そう、楽しめてるうちはね。

 

 

 

 

 

一緒に住み始めてもうすぐ一ヶ月。

 

 夜は豆電球点ける派らしいけど、

毎朝消し忘れてるからどうにかしてほしい。

 

今までどうしてたんだ。

 

ちなみにけんかはまだしてない、

あややんでした〜。

 

 

いけめん!

 f:id:tos_aya:20170330232550j:image

 

 

一年間お疲れ様あ。

 

いつの間にか

周りに必要とされ

慕われ信頼され

大きなことを任され

人を集める役を担い

かっこいいよ!

 

辛いことも抱えながら

よく踏ん張りました。

頑張りました!

 

おかげで皆より一日早く

今年度を終えることができましたね。

 

よ、いけめん!

 

 

ご褒美買いに行こ〜。

 

 

無題

 

 

世間一般的に理想とされる、

これぞよい看取り、

した。

 

今の時期には

またちょっといろんな感情が…

 

最期の言葉が聴ける、お別れができるって羨ましい。

彼のセリフがよぎって…